ワークはまず「流し」て終わらせよう~定期テストで自己最高点を取る方法【第3弾】|大島栄伸塾/都立中・高受検を中心に小・中・高対象の江東区大島駅前の個別指導塾

ワークはまず「流し」て終わらせよう~定期テストで自己最高点を取る方法【第3弾】

こんにちは。大島栄伸塾の飯塚です。

テスト勉強しているのに成績が上がらない!学校の課題のワークが終わらない!

という 江東区 大島 東砂 北砂 亀戸 地区の中学の生徒さん、保護者様へ贈る中間テストで自己最高点を取る方法【第3弾】!

今回はワークのやり方についてです。

★大島栄伸塾では、大島周辺の中学生・高校生の定期試験・定期テスト対策を応援しています!

勉強に関するお問い合わせはこちらまで!


 「ワークをやるのに、とても時間がかかってしまう」、という相談をよく受けます。

「結構前から準備したのにワークが終わらなかった・・・」という人もいらっしゃるようです。


そんな方は、ワークをまず一度「流して」終わらせましょう。

わからないものは「どんどん飛ばす」のです!

 

「そんなんで大丈夫?」と思うでしょ?

大丈夫です。


むしろ「わからない問題を、教科書などから写して終わり」にしていませんか?

「調べて写した」まま放置、の方がキケンです!


 

 ワーク・問題集は

1周目は「自分の出来ない部分を明確にする」ためにやり、

2周目・3周目と徐々にバツをマルにしていき、

5周目くらいで自力で全問正解を目指してください!



1周めを「流して」終わらせたら、次の2つのことを必ずやりましょう!


1.飛ばしたものは必ず「覚えるリスト」として、書き出す!

 英語なら、英単語を日本語を並べて書く。

 理科・社会なら、問題と回答を並べて書く。

 数学なら、コピーしてノートに貼る。などです。


枠にに書き込まずノートにやる場合は、問題の番号の横に○と×をつけておいて、×を何度もやる、ということでも構いません。

(栄伸塾の塾生は、皆さん授業でやっていますよね!こちらの方が効率的かも。)

 


2.解説・または教科書を熟読し、「2周目」を行う。

  理解できないものは必ず質問する!

 

理科社会などであれば教科書を、数学であれば解説を熟読してください。

その後、手を動かしてください。


「解き直し」です。

ここで「写すだけ」では伸びません!

 

暗記モノだとしたら「10回写す」などしたあとに、「解き直し」をしてください。

 

成績を上げるうえで一番重要なのは「解き直し」です。

バツをマルにすることでしか、成績は伸びませんよ!


どんどん問題を解いて、バツをマルにしていきましょう!


 

あ、ノートまとめはやらないでくださいね。

学校で指示が出ていることもあるかもしれませんが、その場合も一工夫しましょう。

詳しくは明日書きますね!

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

大島周辺の中学校 定期試験・定期テスト対策で内申点をアップしませんか?

 

大島栄伸塾では、以下の中学校をはじめとした各学校の定期テスト対策を行っています。

 ・大島中学校 定期試験対策 (中間テスト 期末テスト)

 ・大島西中学校 定期試験対策 (中間テスト 期末テスト)

・第二大島中学校 定期試験対策 (中間テスト 期末テスト)

・砂町中学校 定期試験対策(中間テスト 期末テスト)

・第四砂町中学校 定期試験対策(中間テスト 期末テスト)

・亀戸中学校 定期試験対策(中間テスト 期末テスト)

・その他私立中・高 定期試験対策(中間テスト 期末テスト)

 

まずは、お気軽に当塾にご連絡ください!

【方法①】

当教室ホームページからお問い合わせください

【方法②】当教室までお電話ください

ご連絡:03-5875-5485

大島栄伸塾 塾長 飯塚