中学2年生の保護者様へ~この時期からの「受験準備」が、中3の成績UPに効果絶大です!|大島栄伸塾/都立中・高受検を中心に小・中・高対象の江東区大島駅前の個別指導塾

中学2年生の保護者様へ~この時期からの「受験準備」が、中3の成績UPに効果絶大です!

いよいよ、中2も後期に突入します。中学生活3年のちょうど半分が経過しましたね。

お子様は充実した中学生活を送られていますでしょうか?学習面は順調でしょうか?

「受験は中3から」、と一般的に思われがちです。確かに都立入試・あるいは私立推薦入試は「中3の成績+入試の得点」というシステムになっています。中3から本気を出せば・・・と思うのも仕方がないシステムです。しかし、それは間違いかもしれません。この時期の準備がなければ、「中3で本気を出す」としても、そう簡単にはうまくいきません。理由は以下の3つです。

  1. 中学後半の学習内容は前半の内容とは比較にならないほど難しい。

中学に入学して1年半が経過しました。中学生活3年のうちのちょうど折り返し地点ですね。学習内容はこの時期を境に、「小学校の延長」の段階から、「高校の準備」の段階への変わります。学習する内容が大きくレベルアップするわけです。

お父様、お母様も、英語ですと「不定詞」「比較」「現在完了」などの文法や不規則変化動詞の暗記、数学ですと「合同の証明」や「関数」などに苦労された経験をお持ちではないでしょうか?これらはすべて中2の後半の学習内容です。ここでつまずいてしまうと中3の内容を理解することが非常に難しくなるのです。

 

2.中3内容は難しい!中3での成績UPは予習がより重要に!

中3で中1・中2の内容を取り戻している時間は授業がストップしている夏休み・冬休みなどを除きなかなかありません。中3では勉強をスムーズに進めるためにも、日頃は予習・復習に時間を割きたいところです。当塾も、3月から中3内容を始めた生徒が、前期は非常に良い成績を残しています。中3の4月の段階で少しでも先取りしていることが、中3で好成績を収める秘訣なのです。

 

3中3の内容は中1~中2の内容の理解が前提。復習は年内に!

知識の積み重ねは土台が固まっていることが前提となっています。中3のスタートをスムーズに進めるためには遅くとも中2終了までが土台固めの最終期限。しかし、中3で成績を伸ばすための中3内容の予習を春休みに行うこと考えると、中2の2月が理想的です。学校の内容理解も考えると、授業が行われていない塾の冬期講習などを利用するのが必須条件となります。

 

当塾は、中2生が中3になった際に成績を飛躍的に伸ばすための応援企画をスタートいたします。

中1・中2生の皆様限定・各学年5名様限定、の期間限定キャンペーンです。

キャンペーン内容はこちらのページをご覧ください!!